若返りのために

目をいじる

美容皮膚科は美容外科とは違って、皮膚科の立場から肌を美しくする治療をしているという特徴があります。美容外科は、目を二重にしたり、鼻を高くしたりするために利用する病院ですが、美容皮膚科は肌を美しくするのを目的に利用する病院です。シミをレーザーで消したり、ヒアルロン酸でシワを消したり、高周波でコラーゲンを生成したりといった若返りの治療ができます。 ちょっと前はこうした若返りの治療に関しても美容外科の分野で外科的手術で行われていました。しかし、美容皮膚科というのが誕生してから若返りの外科的手術はすっかり影をひそめてしまっています。 今はパーツを整えるよりも肌を美しくすることが重要視される時代になっています。そのため美容皮膚科の人気は今後も高まっていきそうです。

美容皮膚科での治療には、レーザー治療、光治療、ピーリング、イオン導入、点滴、注射などがあります。基本的に美容皮膚科はどの治療も大きな失敗をするリスクがなく、もしも気に入らなかったら元に戻せる治療がほとんどです。あえて注意点を挙げるなら、治療によってはアフターケアをしっかりしないといけないということです。 レーザー治療dによってシミを消した場合、その部分は絆創膏をはってガードする必要があります。万が一紫外線にあててしまうと、色素沈着になって以前のシミよりも濃いシミができるリスクが高まります。レーザー脱毛をした場合も、肌へのダメージを防ぐために、脱毛をした箇所はしっかりと紫外線でガードすることが大切です。